中標津訪問6回目(五日目)

滞在5日目は、行く前から何人かで中標津の秘境、クテクンの滝まで行ってみようということで、それなりに準備していました。行く一週間前の予報では、この日は晴れることになっていましたが、直前になって雲行きが怪しくなり、虹別の大滝へ行くというBプランも検討されていましたが、朝になってみたら、行けそう、ということで、予定通り、クテクンの滝へ。

一応、渓流を遡上するということだったので、フライフィッシング用のフェルト底の靴に、ネオプロピレンのソックスを用意して、最初からレインウェアーを着込んで出発しました。

入り口には、1時間と書いてありますが、写真を撮りながらの遡上だったため1時間半以上かけてゆっくりと上がりました。
b0153340_1382332.jpg


こんな感じの渓流をザブザブと進みます。ときには岸辺の藪の中の道もたどります。
b0153340_1395880.jpg


たどり着くと落差の大きい滝は見応えがあります。
b0153340_13123241.jpg

ここから更に上流に12個の滝があるそうですが、滝の100mぐらい手前から、急勾配の藪の中を上り、滝を巻いて行かないといけないそうで大変そうでした。さらにその上は岩場のようで渓流登りのフル装備が必要なようです。

b0153340_13133889.jpg

b0153340_1314063.jpg

見上げれば青空で、滝壺には虹が出ていましたが、この頃、別海や中標津の市街地では、大変な雷雨になっていたようです。滝までの渓流や、滝周辺では、携帯の電波が入らないため、これを知ったのは、帰路入り口まで戻ってからでした。雲の発生した場所が、ちょっとずれていたら、鉄砲水の可能性もあったので、自然は怖いですね。

最後に、全員で記念撮影。
b0153340_13165578.jpg


その夜は、写真クラブの人達と、打ち上げBBQでした。
b0153340_13192029.jpg


b0153340_13205931.jpg

[PR]
by voyage08 | 2013-08-31 08:00 | 中標津ライフ
<< 中標津訪問6回目(最終日) 中標津訪問6回目(四日目) >>