別海フォト・グルメ・ツアー(1st stage)

10月26日、27日の両日で、矢野直美さんと行くカメラ女子会&別海グルメツアーという企画に参加してきました。このツアーは、観光庁、別海町等、公的機関がいろいろからんだ企画でしたが、今回は、モニターツアーという性格もあり(という説明がいいのか、分かりませんが)、若干、女子じゃない人も参加しました。

ツアー当日は、一週間ぐらい前から台風27号の影響を被る可能性が予想され、東京からの飛行機が飛ぶのか、飛んだとして、現地は天気が悪いのではないか、果ては、予定通り帰れるのか、等々、ずいぶん心配しましたが、蓋を開けてみたら、初日は、若干天気は悪かったものの、台風の影響はほとんどありませんでした。

また、一週間前に降った雪で、フライトの到着地の女満別空港から神の子池、裏摩周展望台等へ行く道がしばらく閉鎖されていたので、どうなるかとも心配していましたが、こちらの方の心配も杞憂に終わりました。

10月末、というか晩秋に道東へ行ったのは初めてでしたが、女満別空港から、清里峠を通って、中標津への道沿いは、木々が鮮やかに色づいていたのには、驚きました。道東の秋は短いのか、少し時期がずれると、自然の表情がずいぶん違うようです。運転していたので、写真をとってないのは残念です。特に、清里峠から、養老牛までの道から見えた山々は、エゾカラマツが黄色く色づき山が燃えているような趣でした。針葉樹は紅葉しないと思い込んでいたせいか、遭遇した美しさに、驚きました。

b0153340_1691275.jpg


神の子池。5年前の夏にも行きましたが、今回は生憎の小雨模様で、光が少なく、ちょっと残念でしたが、PLフィルターで水面の反射を取り除いて、池の底の青さをできるだけ取り入れてみました。

b0153340_16104260.jpg


裏摩周展望台も二回目でしたが、少しだけ雪が残っていました。風が強く、かなり寒かったので、早々と退散。意図せずともモノトーンの風景になってしまいました。

b0153340_16121249.jpg


養老牛地区のシンボル、モアン山。登ったことがないので、可能かどうか分かりませんが、見る度に、上から、何かに乗って、草の上を滑りおりると気持ちいいだろうなあ、とか思ってしまいます。

b0153340_1615421.jpg
b0153340_16151553.jpg


ほぼ想定していた時間通りにマタオチの牧舎までたどり着いて、ランチ。8月に牧舎カレーを食べたので、バリエーションということで、ジャガイモグラタンにしてみました。

b0153340_16164057.jpg


1st stage最後は、中標津のシンボル、開陽台へ行き、蜂蜜がトッピングでついたミルク。

b0153340_16183380.jpg


僕は割と開陽台とは折り合いがよくないらしく、5年前も含め何度も行っていますが、晴天だったことは2回か3回で、大体が曇りです。今回も従来の例にならって、曇りでした。ただ、雨があがって何よりでした。

その後、中標津のバスターミナルまで順調にたどり着き、ツアーに参加する他の方々とジョインし、今回の旅の1st Stageを無事終えることができました。

今回を含め、4回に分けて、今回のツアーについて、書いてみます。
[PR]
by voyage08 | 2013-10-30 16:25 | 道東観光
<< 別海フォト・グルメツアー(2n... 意外と早く来そうな中標津7回目訪問 >>