道東観光② 知床岬クルーザーツアー★熊・熊・熊・・

16日、サロマ湖の南東端から、網走を経由して、知床半島の北側の海岸の港町にして観光拠点のウトロまで、約120キロを何とか1時間30分で走り、所定の9時40分の前には観光船の事務所に到着。海が荒れているとのことで経口の酔い止めの薬もその場で購入し飲んでしまいました。

ウトロ発の知床半島jをめぐる観光船にはいろいろなパターンがありますが、我々が選んだのはクルーズ船で知床岬の先端まで行く往復3時間のコース。

これは海岸近くまで近づけるために、景観を間近に見ることができることと、熊をはじめとして野生動物を見ることができる可能性が高いというコース。

b0153340_19234939.jpg


b0153340_19243645.jpg


曇天で、知床の山並みは雲で覆われ、景観的には、今ひとつながらも、奇岩やいくつかの滝を過ぎ、鮭用の定置網を迂回するために、何度も沖に迂回などしていると陸上に動くものを発見。

b0153340_192522100.jpg


いきなり、親子3頭の熊が現れました。その後もポイントへ移動するたびに、熊が次々と現れ、全部で10頭の熊を見ることができました。

船内の放送によれば、知床半島には500頭の熊が生息していると推定され、そのうち250頭が確認されているということなので、そのうちの10頭というのは、割合的には、確認されているものの4%を見ることができたことになり、かなりの高率?!

b0153340_19255961.jpg


b0153340_19263194.jpg


b0153340_19271320.jpg


熊は最近日本のいたるところで出没しているようなので、その存在自体は珍しくなくなっているようですが、こうして野生で遡上してくる鮭を狙っている姿を見ると、知床の自然の豊かさを感じてしまいます。

b0153340_19282669.jpg


途中、知床岬の突端が遠景に見える辺りで、波浪が高くなり、船酔い客が増えたために知床岬まで行くのを断念して、引き返しました。我が家の一行は、とにかく遠くを見ることというアドバイスを守ってくれたおかげで(?)船酔いする者もなく、無事港に到着。

港への途上、雲が晴れ、知床の山々を若干ながらも望むことができました。

(なお、途中で引き返したために代金の4分の1返金がありました。)
[PR]
by voyage08 | 2008-08-20 19:28 | 道東観光
<< 道東観光③ 知床半島横断 道東観光① 養老牛~サロマ湖 >>