道東観光⑤ 野付半島・開陽台

北海道の地図を見ると、知床半島と根室半島の間に、奇妙な形の地形があります。この砂嘴である野付半島は一度行ってみようと思っていたところなので、今回、思い切って行ってみました。

ラムサール条約にも登録されている大規模な湿地帯で、多くの植物が生い茂っていますが、この季節、花の種類はそれほどないものの、湿地帯の中の道を歩くと、ハマナスの花がいたるところに見えました。

b0153340_171255.jpg


b0153340_17124885.jpg


ネイチャーセンターからの道を通り、木道を行くと、海水の侵食と潮風でトドマツ林が立ち枯れた風景であるトドワラへ行き着きます。

b0153340_1794830.jpg


b0153340_17104630.jpg


b0153340_17112643.jpg


ちょっとした異空間といった感じでした。


その後、天気が良かったので、滞在先へ戻る前に、中標津の開陽台へ。この日は、地平線がまーるく見えました。


b0153340_17133424.jpg

[PR]
by voyage08 | 2008-08-23 17:22 | 道東観光
<< 道東観光⑥ 釧路湿原・厚岸 道東観光④ 羅臼 >>