道東観光⑧ 根室半島

天気が悪かった20日を一日あけて21日、根室半島へ。この際なので、とにかく納沙布岬まで行ってしまおう、というそれだけの目的で出発。

途中、白鳥が飛来する湖として有名な風蓮湖の湖畔にある道の駅に寄りましたが、この季節、白鳥が見えるはずもなく、冬の様子を想像したりしていました。

b0153340_18544227.jpg


更に行ったところにある春国岱原生野鳥公園へ寄ってみましたが、木道が整備されており、潮風も気持ちが良いところでした。

b0153340_18554152.jpg


歩いていると、何やら見たことがある気配の鳥のつがいが餌をついばんでいましたが、タンチョウ鶴でした。

b0153340_18562149.jpg


b0153340_185768.jpg


たまたまいた地元の人に聞いてみたら、近くの草むらに営巣していて一年中この地にいるのだとか。ということで、タンチョウに出会うことができました。是非冬にも見てみたいものです。

その後、中標津にも支店がある回転寿司チェーン”はなまる寿司”の本店でお昼を食べ、一路納沙布岬へ。

根室は、昔、故人である父が時々来ていたところでもあり、こういう風景を見ていたのかという感慨は若干あります。

b0153340_18575719.jpg


納沙布岬は北海道の東端。座礁した古いさびた船体が印象的です。すぐ近くには、北方領土の歯舞諸島の貝殻島灯台が見えます。現状の国境は、貝殻島と納沙布岬の中間にあります。

b0153340_18585081.jpg


近くの北方領土関係の建物から望遠鏡で見ると、島々にロシアのレーダーサイトとおぼしき建物を見てとることができます。

b0153340_190684.jpg

[PR]
by voyage08 | 2008-08-23 19:11 | 道東観光
<< 酪農体験 道東観光⑦ 霧の摩周湖 >>