初めての代行

b0153340_1381574.jpg


関東等では、集中豪雨の被害が大変なようですが、中標津もお昼頃はかなりの雨が降り、夕方から夜にかけては、霧雨/霧状況で、視界は100メートルぐらいに落ちていました。

お昼過ぎ、昨日釣った鮭を届けていたY牧場のオーナーが、その鮭から作ったいくらの醤油漬け等を届けてくれました。大粒のいくらで、少し味見したら美味でした。土曜日の夕方、現在、旧若竹小学校の教員住宅で、移住体験プログラムを利用させていただいているみんなで、お別れの焼き肉パーティーをやる予定なので、その時、出させていただきます。あの鮭を釣った時は、その全員で尾岱沼に行っていたので、いわば、チームの鮭でもあります。

Yさんからは、当地の酪農の話などをお伺いしました。

夕刻、今回の中標津滞在を思いついた頃にネットで知り合って、それ以来いろいろ情報をいただいていた地元のWさんと初めて会い、中標津町の料理屋さん、「渡辺」へ行きました。5月に下見に来たときもそのWさんに教えてもらって「渡辺」に行き、ご主人からこのあたりのいろいろな事情についてうかがいましたが、今回もカウンター席で、お話をしながら、料理を堪能させていただきました。

全く素人の意見ですが、お寿司が絶妙でした。

前回もいろいろとお話を伺いましたが、今回のお話で印象に残っているのは、道東は、通年で安定してメニューを出そうとすると、食材に乏しいという話。季節毎にいろいろなものが出てくるが、種類はそれほど多いわけではなく、また、それが通年維持されるわけではないので、結局道外の食材に多くを依存せざるを得ない、ということでした。

数種類の食材から、同種のメニューだけだしていればいい観光地の旅館や料理屋さんとは違い、リピーターも多い町のお店で通年でそれなりのメニューをそろえようとすると、食材を確保するのが大変かもしれません。

Wさんとはリアルでは初対面ながら、楽しくうち解けていろいろ話をすることができました。これまでいただいた助言に加えて、今回直接お会いして、当地事情や、個人的なことも話をしていただき、それだけで、今回の中標津滞在が豊かになったように思います。

この場を借りて御礼申し上げます。

帰路は、初めて、"代行サービス"を利用しました。ドライバーによれば、冬場、雪が激しい時は、サービスを断らざるを得ないこともあるのだとか。断られる側は困るでしょうが、そういう厳しい季節は飲みに行くのも大変です。そういう時期に一度来てみたいのですが、凍結した路面を運転したことがないので、やめておいた方がよさそうです。
[PR]
by voyage08 | 2008-08-30 01:45 | 中標津ライフ
<< 中標津を発ちます アキアジ釣り >>