カテゴリ:中標津事情( 4 )

夜霧にむせぶ寅次郎

b0153340_2226414.jpg


今年初めてのエントリーです。

中標津関係の映画は、いくつか見ていましたが、養老牛温泉の旅館「藤や」が出てくるときいていた寅さんシリーズの「夜霧にむせぶ寅次郎」は未だ見ていませんでした。

先日新宿のツタヤにいったら、珍しく返却されていたので、借りてみました。

この作品は、東京と道東をいったりきたりで、なかなか中標津が出てきませんが、最後の方になるといきなり「計根別」の国鉄の駅が出てきます。中標津の人と話をしていると、既になくなってしまったとはいえ、「駅」があった場所を、今でも鉄道が通っているように話しをしていたので少し不思議な気がしていましたが、当然ながら、計根別にも駅があったんですね。

場所的にどこら辺だったのかまでは、映画からはわかりませんでしたが、古い地図を見ると計根別農協の虹別寄りで、駐在所のはす向かいという感じでしょうか。

1989年4月30日にJR標津線が廃線になったときに廃駅になったようですので、廃駅になって今年でちょうど20年のようです。

作品は、その後、牧草地帯を通って、養老牛温泉の温泉旅館「藤や」での披露宴前という映像が出てきて、寅さんが熊に追いかけられるシーンへと続いていきます。

藤やは、懐かしさと暖かみがある宿でした。

b0153340_22261895.jpg

[PR]
by voyage08 | 2009-01-08 22:27 | 中標津事情

養老牛倶楽部HP

夏におじゃました中標津町の養老牛の山本牧場のOwnerさんが、養老牛倶楽部のホームページを立ち上げていました。
http://yoroushiclub.com/index.html
我が家も少しだけかかわらせていただきました。

こうした活動を通じて地域の魅力がまし、ますます発展して行くことを祈念いたします。

写真は、若竹から養老牛温泉に向かう一本道

b0153340_18535438.jpg

[PR]
by voyage08 | 2008-12-30 18:54 | 中標津事情

しばれるそうですね

中標津も随分寒くなってきたみたいですね。毎日拝見させていただいているSさんのブログでは、(おそらく)ヤウシュベツ川に氷がはりつつあるようです。天気予報ではここ数日は+7~-3℃ぐらいのようです。

冬までに灯油の値段が戻って本当に良かったのではないかと思いますがまだまだ大変でしょうか?

ところで先日ふと思いついて”FMハナ”を検索してみたらホームページがありました。ttp://fmhana.com/ 8月31日にできたサイトのようですので、僕が中標津に滞在していた時できたようです。ストリーミングをしてくれると、リアルタイムで酪農情報とか聞けて楽しいのですが、残念。それと何故か文字が小さいんですが・・・。とここでいろいろ言っても仕方がないので、投稿でもしてみようかなあ。といいつも所謂中標津のstakeholderではないので、あまり余計なことはしない方がよさそうです。

今は、我が家では、僕が一人で富良野の方へのスキー旅行の計画で部分的に盛り上がっています。家族は、つきあいで仕方なく行く、というスタンス。

準備といっても、スキーツアーって結局地元と接する機会がかなり限定されるので、どこへいっても同じような気もしますので準備もなにもないのですが。今回も、プリンスホテルのスキー場エリアに入ったらタクシーで15分ぐらいとはいえ、町へ出て行くのは億劫かもしれません。

北海道のスキー場といえばサホロスキーリゾートしか直接は存じませんが、あそこのクラブメッドに滞在して地元とふれあえるのは、スキーのインストラクターの方でたまーに地元の先生が参加されていて、ペアリフトで、地元の話をお伺いするぐらいだったような気がします。

その点、僕が知っている中ではフランスのシャモニーは、スキー場と町の距離が非常に短く、アフタースキーはシャモニーの町に繰り出すことができるので、スキー場とホテルの閉鎖的な世界だけではない楽しみがあって良かったと思います。

そういうところを日本でも探してみたいと思います。

富良野行きの準備の目玉は(今のところこれしかやっていませんが)、プリンスホテルで使うためにプリンス用のクレジットカードをゲットしたこと。どうなるかわかりませんが5%ぐらい割引がある可能性があるようなことを書いていました。このご時世、できるだけ節約です。

富良野の方は中標津よりも更に寒いようで、今朝は氷点下15℃ぐらいまで下がった模様。さすがに”へそ”だけのことはありそうです。
[PR]
by voyage08 | 2008-11-26 23:04 | 中標津事情

計根別の酪農事情等について聞いてみました

今日は、どんよりと雲がたれ込めた肌寒い天候でした。気温は20℃ぐらいでしょうか。朝早く乾した洗濯物が完全には乾き切りませんでした。

日中は仕事をしたり、オリンピックのテレビ観戦をしたり、先日、中標津の町で借りてきたDVD(昨日は、"L, Change the World"でしたが、今日は"続三丁目の夕日")を見たりして過ごしました。

夕方になって食料品の買い物にJA計根別のスーパーに行ったついでに、向かいの計根別農協へ行って、このあたりの酪農について概説した資料がないか聞いてみましたら、職員の方が非常に丁寧に対応してくれて、20分ほど、このあたりの酪農の状況についてレクチャーしてくれました。

完全には覚えていないのですが、その説明によれば、大体次のような感じです(文責は筆者にあります。)。

計根別農協の組合員は、中標津町と別海町の両方のエリアにまたがる160軒ほどで、そのほぼ全てが酪農の専業農家なのだとか。組合員の売上は年間70億円にのぼるようです。ほとんどが自分で牧草地を持っている酪農家なので、輸入飼料の価格高騰の影響を大きく受けている農家は少ないみたいですが、お話をうかがうと、酪農家がここ数年、市場の動向に振り回されてきたのがわかります。

まず、平成16年頃から牛乳の消費が落ち込んで来たこと、及び、生産過剰から平成18年に至っては、北海道全体において大量の牛乳の廃棄処分を連日行わざるを得なくなったとか。その後、雪印、森永、明治等の大手乳製品メーカーが中標津を初めてとして道内各地にチーズ等乳製品工場を新設し、そこで、牛乳の引き受けを開始したものの、原料乳の単価は、飲料用の場合、1kg90円のところかチーズ用だと40円等になり、生産農家は、平均単価60円でプールしていくことになり、乳製品工場の新設による収入への影響については、微妙なところ。

その後、アメリカ等の家畜用飼料の高騰から本州の酪農家の生産が減少したが、一方、輸入飼料に多くを依存せず、自家用の牧草地を使っての酪農をやっている北海道の酪農家は、その飼料価格の高騰にさほど影響を受けなかったため、飲用原料乳の本州方面への"輸出"を増加。単価が高いので、そちらの方向に流れるのは、仕方がないものの、せっかく作った加工工場の需要も賄う必要もあり、北海道の酪農家は板挟み状態になった模様。

また、飼料価格の高騰の影響が少ないといっても、生産コストはそれなりに上昇しており、このため、原料乳単価の引き上げを求めるも、販売企業側が、消費者の牛乳・乳製品離れを恐れて、小売価格を引き上げないために、結果的にコストの上昇分を生産者がかぶることになっているのだとか。

バターに関しては、バター消費は、一般消費者の消費よりも、加工業者による消費が圧倒的に多く、これまでは加工業者は安価な外国産バターを輸入して使用してきたが、外国産バターの価格が高騰し、国産バターの価格とさほど違わなくなると、加工業者は、類似の価格の場合品質に勝る国産バターの消費を増加し、このため一般消費者向けに回せる国産バターの量が少なくなっているのだとか。

有機の酪農というのは本当に難しいとのことで、やっている農家は減少しているものの、原料乳の単価は通常のものの二倍ぐらいになるようです。

まあ、もうちょっと精密かつ詳細に話をしてくれましたが、うかがったところの概要はこんな感じです。酪農のような投資サイクルが長い産業の場合、短期で変動する市況に対応するのは難しいところがありそうなので、農家としては、対応が難しそう。こういう問題については、協同組合や公共セクターが関与する余地があるんですね。

こういうことは、実際に来て、見て、話をしないとなかなか実感できません。

また、このあたりは、牛肉用の牧畜がほとんど行われておらず、行われていたとしても、十勝牛といったようなブランドの確立まで行っていないのだとか。

ということで、本当に乳牛の酪農一本の町のようです。野菜ではジャガイモがあるぐらいだとか。

ついでに、計根別農協のHPで言及されていたネギについて聞いてみたところ、それは普通のネギではなく、行者ネギという香りの強い独特のネギとのこと。4月、5月が旬で、その頃には川岸に自生しているものもあるものの、今は市場にないらしいのですが、焼き肉と一緒に食べると、癖になるおいしさなのだとか。こういうのは聞くと食べたくなります。

私としては、ポワロネギのようなもんではないかと想像していたため、計根別産のネギで、キッシュとか何かの料理をしてみようという目論見がはずれてしまい、残念。

というようなことで、終業時刻頃のアポなしの突然の訪問にも拘わらず、計根別農協の方には非常に丁寧に対応していただきました。この場を借りて御礼を申し上げます。資料もいただいたので、読んでみます。

当方、農業、特に、酪農については、今日話をうかがうまでほとんど何も知らないままでしたので、誤って理解している可能性がありますので、上記については、雰囲気を理解していただくということに留めていただけますようお願いします。詳細は、専門的な記録や報道等に当たってください。

酪農地帯のど真ん中で生活していて、周りの人たちが実際のところ何をやっているのかということに興味がわいてきたので、今日の農協電撃訪問となりました。

今日は写真なしです。
[PR]
by voyage08 | 2008-08-11 19:48 | 中標津事情