富良野スキー

ちょっと時間が経ちましたが、今回の富良野スキーツアーを総括(ヘンな表現ですが)してみます。

スキー場は、多分、すごくいいんでしょうね。きっと中級の上ぐらいから上のレベルだとすごく楽しいところではないかという気がします。我が家は初級もいいところなのですが、初級コースにも、やや難しい場所がところどころあるため心身ともにしんどかったというのが正直なところ。それと、長距離のダウンヒルってこれはこれで結構疲れるんですね。毎回、最後の方は膝が笑う状態になってしまいます。

とはいえ、何度か滑っているうちに、コース取りに余裕が出てきて、最終日の最後の方にやっと調子が乗ってきて結構高速でダウンヒルを楽しめた感じでした。

雪についてですが、まず、今年は例年になく雪が少ないそうです。また、気温が高かったり雨が降ったりして、凍ったり、シャーベット状になったりして、滑りづらいところが多かったのは残念。それと、今までいったことがあるスキー場は、それほど多くないものの、早朝、ブルドーザーみたいなやつで表面の圧搾をしているところが多かったように思いますが、富良野はそういうのはやっていないみたいですね。このため、富良野のスキー場は表面にでこぼこがあって、結構滑り辛いところがあります。どっちがいいのか分かりませんが。あのブルドーザーみたいな奴でゲレンデを整備するのは、かなり大変なことかも知れません。

雪の状態もさることながら、今回一番感じたのは、体力の衰えというか、日頃の不摂生というか、疲れ方が激しくなっていること。温泉にはいって、サロンパス系のクリームなどを塗ると、翌朝まで疲れが持続することはないものの、滑っている最中で、結構疲れるし、無理な姿勢をすると、日頃使っていない筋肉が悲鳴を上げます。

なので、いわゆるエクセサイズをして、持久力と、各種筋肉の鍛錬をしないとこの先、スキーを楽しめなくなりそうです。

スキー客に関し気がついたのは、シルバー世代の割合が高かったこと。たまたま普通の人の休み前の安い時期にいったせいもあるかもしれませんが、60代半ば以降という方が多かった。彼らの青年時代というと70年代から80年代の頃だと思いますが、ユーミンのサーフ&スノーが発売されたのが1980年なので、その前後からスキーをしている昔のナウイ青年だった人がそのままスキーを続けているのでしょうか。

それと、オーストラリア人が北海道に大量に来ているというのは割と有名になっていますし、これまでも、実際に見てきましたが、今回もかなりいました。独特のコックニー系の発音なので、すぐ分かりますが、彼らは意外とおとなしくお行儀いい感じで、スキーを楽しんでいる雰囲気でした。

他方、目立つのが中国語を話す方々。以前サホロでシンガポールや香港から来たという人と随分会いましたが、今回は、一度も直接話をする機会がなかったので、正しくはわかりませんが、夫婦同士で中国語、親子で英語で会話しているパターンが多かったので、おそらくシンガポールや香港の中国人なのではないかと想像しています。とにかく、甲高い声でよく喋る、いわば、全員が大阪のおばちゃん的なのには、若干引いてしまいます。ウォン安のせいか、韓国語はほとんど耳にすることはありませんでしたが、経済状況は観光に直接影響している気配でした。

我々が帰った後、本格的な雪になったようで、きっとゲレンデのコンディションもよくなったんでしょうね。温暖化のせいか、雪不足のスキー場が多いようですが、クリスマス以降だと、雪不足のリスクは低減するようです。といっても、価格が高くなるので、このあたりの判断は微妙です。

b0153340_9374898.jpg

[PR]
# by voyage08 | 2008-12-27 09:41 |

雪はどうでしょうか?

昨日、富良野スキー場に電話してしまいました。

現在は、富良野ゾーンの4つのコースが開いているだけで、北の峰コースは全く開いていないようです。滞在予定のホテルは富良野ゾーン側なので、まあ、いいというか、なんというか。

そこで、昨日の電話にいたったのですが、例年、全面滑走可能になるのは12月20日前後だそうですが、今年は、なんとも言えないですね、とのお話。

気温が高くて雪ではなく雨が降っている様子。

まあ、こればっかりは仕方がないですね。あと10日のうちに、できるだけオープンして欲しいところです。

ただ、富良野の方のブログに掲載されている写真を見る限りは、雪はまんべんなく降っているように思えるのですが、うまくいかないものです。

ブログといえば、富良野の方のブログは、”癒し”をメインテーマにしている例が多いように思えます。大自然の中で、癒されたいということでしょうか。中標津関係の方のブログにもそういう例はないわけではないですが、自然とまっすぐ向かっている感じのブログが多いような気がします。

同じ北海道でも、随分雰囲気が違います。
[PR]
# by voyage08 | 2008-12-08 13:52 |

フォトコンテスト

根室管内フォトコンテスト実行委員会主催で、「第3回日本最東端の豊かな水と大地のフォトコンテスト」というが開催されており、写真を募集しているようです。
詳細は↓のちらし
ttp://www.aurens.or.jp/apri/shiretoko_tk/gs/files/20081128171714.pdf

そもそも写真を撮るのが下手なので、夏に滞在中数百枚撮ったにもかかわらず、残念ながらあんまり良い写真ないんです。もっと頑張って写真をとればよかった・・・。

b0153340_9491363.jpg

[PR]
# by voyage08 | 2008-12-02 09:50 | 道東観光

ライブカメラ

行く先々のライブカメラ画像を時々のぞいています。北海道の場合は、STVとHBCの両方のテレビ局がいたるところにライブカメラを設置しており、四季を通じて風景を楽しませてくれます。

中標津のライブ画像も配信されており、今まででは3つ見つけました。
そのうちの2つは、町がやっているもののようで、開陽台から東の方向の画像と、町立病院から、武佐岳の方向を見た画像。

ttp://www.nakashibetsu.jp/livecam/livecam.html

もう一つが、中標津のある会社からのもので
ウコウビルより中標津町武佐岳を臨む映像というキャプションがついています。
ttp://www.yac-net.co.jp/livec.html

見える限りでは積雪は未だのようですね。
[PR]
# by voyage08 | 2008-11-30 14:56 | 中標津ライフ

しばれるそうですね

中標津も随分寒くなってきたみたいですね。毎日拝見させていただいているSさんのブログでは、(おそらく)ヤウシュベツ川に氷がはりつつあるようです。天気予報ではここ数日は+7~-3℃ぐらいのようです。

冬までに灯油の値段が戻って本当に良かったのではないかと思いますがまだまだ大変でしょうか?

ところで先日ふと思いついて”FMハナ”を検索してみたらホームページがありました。ttp://fmhana.com/ 8月31日にできたサイトのようですので、僕が中標津に滞在していた時できたようです。ストリーミングをしてくれると、リアルタイムで酪農情報とか聞けて楽しいのですが、残念。それと何故か文字が小さいんですが・・・。とここでいろいろ言っても仕方がないので、投稿でもしてみようかなあ。といいつも所謂中標津のstakeholderではないので、あまり余計なことはしない方がよさそうです。

今は、我が家では、僕が一人で富良野の方へのスキー旅行の計画で部分的に盛り上がっています。家族は、つきあいで仕方なく行く、というスタンス。

準備といっても、スキーツアーって結局地元と接する機会がかなり限定されるので、どこへいっても同じような気もしますので準備もなにもないのですが。今回も、プリンスホテルのスキー場エリアに入ったらタクシーで15分ぐらいとはいえ、町へ出て行くのは億劫かもしれません。

北海道のスキー場といえばサホロスキーリゾートしか直接は存じませんが、あそこのクラブメッドに滞在して地元とふれあえるのは、スキーのインストラクターの方でたまーに地元の先生が参加されていて、ペアリフトで、地元の話をお伺いするぐらいだったような気がします。

その点、僕が知っている中ではフランスのシャモニーは、スキー場と町の距離が非常に短く、アフタースキーはシャモニーの町に繰り出すことができるので、スキー場とホテルの閉鎖的な世界だけではない楽しみがあって良かったと思います。

そういうところを日本でも探してみたいと思います。

富良野行きの準備の目玉は(今のところこれしかやっていませんが)、プリンスホテルで使うためにプリンス用のクレジットカードをゲットしたこと。どうなるかわかりませんが5%ぐらい割引がある可能性があるようなことを書いていました。このご時世、できるだけ節約です。

富良野の方は中標津よりも更に寒いようで、今朝は氷点下15℃ぐらいまで下がった模様。さすがに”へそ”だけのことはありそうです。
[PR]
# by voyage08 | 2008-11-26 23:04 | 中標津事情

冬、富良野へ

しばらく更新をさぼっていましたが、中標津関係者の皆様のブログは、毎日うろうろしています。

今年は、冬はどこにも出かけないつもりでしたが、ここ数年スキーをしていないこともあり、スキー場ということでいろいろ調べてみた結果、富良野に行くことに決定。予約を完了しました。

12月20日前後であれば、北海道へスキーツアーで3日ぐらい行く料金は、年末年始、東京の近くのスキー場付ホテルで家族で一泊するのとほとんど代わらない金額になるというのが大きなポイント。

夏、富良野で一泊したので、町の様子はわかっているので、一度は町に出てきてうろうろしてみます。

中標津は、羅臼に流氷が到達する頃、ANAのマイレッジもあるので、一人でふらっといってみようかと考えておりますので、その節は宜しくお願いします。
[PR]
# by voyage08 | 2008-11-20 20:32 |

北海道物産展

b0153340_15482073.jpg


ここのところ、都内の大手デパートでは、北海道物産展が連続して開催されています。

知っている限りでは、池袋の西武本店、新宿伊勢丹、そして、新宿小田急といったところです。

伊勢丹と小田急は近くなので、新宿に行ったついでに寄ってみました。いずれも盛況で、買い物客でごった返していましたが、札幌や函館のお店が多い中でついつい道東のお店がないか探してしまいます。

今日行った小田急の方には、60軒弱のお店のうち、道東からは釧路のお店が4軒、根室、北見と網走から1軒ずつ出店していました。ちなみに、釧路のお店は、魚政、松竹屋製菓、釧祥館、パン工房ドリームというもの。

出店しているお店の中で、**町というように市ではないところから来ていたのは、余市郡、森町、むかわ町と十勝・清水町、白老町の5軒だけでしたが、元となる市場が小さいところは、出店できるまでのお店の規模ができずらいのかも知れません。

最近はやたらと生キャラメルブームのようで、今回も「花畑牧場」の生キャラメルが完売になっていました。

とりあえず”さんまんま”を買ってきたので、今晩食べてみます。根室でサンマロールを食べればよかったのですが、機会を逸してしまいました。
[PR]
# by voyage08 | 2008-09-10 16:04 | 道東物産

やり残し

b0153340_2223594.jpg

(クリックすると大きくなります。)

中標津に行く前から滞在中やろうと思っていてできなかったこと、滞在中に可能性を知って今後やってみたいこと、そして再度行ってみたいところややってみたいことというのがいくつかありますので、とりあえずメモしておきます。

・フライフィッシング:フライフィッシングは、以前からかじっていましたが、今年に入り、真面目に(?)取り組んでいるので、阿寒湖、屈斜路湖、釧路川等でやってみたかったのですが、滞在中、天気が悪く気温が低かったこと、そしてタイミングが悪かったので、断念しました。次回は、是非。忠類川等の河川でのルアーでの釣りもやってみたいところ。

・登山:中標津の近辺には、登山に適した山がいくつかありますので、登ってみたかったのですが、こちらも天候の問題と、熊の出没情報等あり、断念しました。これも何とか考えてみたい。

・カラマツの湯:養老牛温泉の奥にあるカラマツの湯は、一度行きかけたものの雨になってしまい、断念しました。これも次回ということで。

・郷土資料館:学芸員さんのブログを時々拝見させていただいており、また、FMハナで学芸員さんのインタビューをきいたこともあり、行こうとしたのですが、近くまで行ったら、入り口のあたりが道路工事中で行き着けませんでした。ということでこれも次回に。

・羅臼で流氷を見る:季節が違いますが、是非流氷を見て、クルーザーでの写真撮影ツアーに参加してみたい。

・氷上ワカサギ釣り:これも面白そう。

・スノーモービル体験:やったことないので是非一度体験してみたい。

・そば打ち:これは今回やってみたかったのですが、予約が取れそうにないとのお話で断念しました。次回は十分前もって予約したい。

・川湯温泉:足湯しか行ってないので、普通に温泉に入ってみたい。

・カヌー/ラフティング:釧路湿原や釧路川の上流域等では釣りとともにカヌーやラフティングができればいいのですが。

・行者ニンニク+焼き肉:行者ニンニクは、瓶詰めは食べましたが、生のものを焼いて食べるというのが懸案として残りました。

・中標津ポーク:滞在中食べた地元の食材の中で、一番気に入ったのが中標津産のポークでした。これは、次回も是非いただきたい。

・風蓮湖等でのバードウォッチング:そうえいば、昔、野鳥の会の会員でした。主に八ヶ岳に行ったとき、双眼鏡でのぞいていただけですが、道東の鳥を勉強していって、真面目に観察してみたい。白鳥が見える季節に行ければいいのですが。

・ライトプレーン:これは行くまで知りませんでしたが、虹別あたりで、気球やライトプレーンに乗ることができるそうなので、是非上空から見てみたい。特に、トドワラや風蓮湖辺りの上空を飛ぶことができればいいのですが、そういうのはなさそうですね。

・ボーリング場:中標津の町はずれにあるボーリング場は、いつも横を通るばかりでしたので、次回は是非。

・ゴルフ:パークゴルフでも良いのですが・・・。

・釧路の町探索:今回、道東をうろうろしましたが、道東最大の町にもかかわらず、釧路は、湿原はやたらと細かくまわったものの、町は市場にいっただけないので、是非、ゆっくりと探索してみたい。

・花の季節に:おそらく道東、特に、湿原の花の季節は6月から7月ではないかと思われるところ、その頃、トドワラや釧路湿原、そして、いろいろなところに点在する原生花園に再度行ってみたい。

・湯宿ダイイチに泊まってみたい:噂によれば、温泉以外にもサービスと食事が良いらしいので、いつかそのうち。

以上、勝手なことを適当に並べてみましたが、いろいろな季節に分けて行く必要があるようです。行けば行くだけ、また他にしたいことが出てきそうですが、その度に、地元の皆さんと飲めることを期待しています^^。
[PR]
# by voyage08 | 2008-09-09 22:25 | 中標津ライフ

ランダム

パソコンや携帯に残っている写真を整理しつつありますが、その中で気になる画像を添付してみます。

これは開陽台に近い、開陽の市街地にあるラーメン屋さん(喫茶店?)"開陽館”

b0153340_16144736.jpg


観光ガイドブックにも載っていましたが、ここのラーメンの人気メニューは、ニンニク及び/又はショウガの味がきいたもので、お店の人によればニンニクには醤油味が、ショウガには塩味があうとのこと。頼んだのは、ニンニク+ショウガの醤油味。

b0153340_16145779.jpg


初めての感触でしたが、癖になりそうな味。個人的にはショウガの印象が強かったかな。

中標津滞在中、スーパーマーケット等で、できるだけ地元産の食材、特にチーズやソーセージ等を探して食べてみました。沢山の種類があるし、食品について詳しいわけでもないので、何も言えないのですが、チーズは食べたものに関して言えば微妙。外国のものと同じにしても面白くないとは思いますが、味の濃さが薄いのが気になりました。ソーセージ等は普通に美味しかったし、この写真のものは、ビールに合う味で、気に入って何度か買ってしまいました。

b0153340_16151360.jpg


中標津は、町そのものは、直接的な観光資源という点では近隣の町のような派手さはないものの(開陽台、養老牛温泉等でしょうか)、草原が広がる風景は、印象的。ということで、観光や交流にも力を注いでいるようでした。飛行場では、着ぐるみの牛が出てがんばってました。

中標津町は、観光という点では、道東のほとんどの観光スポットへ1時間~1時間半ぐらいで行けるため、特に少し長めに道東に滞在して観光しようとする者にとっては、拠点とするには便利なところですね。

b0153340_16152466.jpg


関東圏との交流事業もやっているようで、この写真は、滞在先の旧若竹小学校に宿泊していた姉妹都市関係にある川崎市の小学生達のキャンプファイヤー。ちょっと寒い日でしたが、盛り上がっていました。

b0153340_161531100.jpg


この日夕方準備に来ていた農協の人から、若竹地区についていろいろ話を伺いましたが、その中で、よく覚えているのは、若竹地区の水道水は、斜里岳からの伏流水で、ご飯を炊くのに適しているが、他方、計根別の市街地の水道水は摩周湖の方からの伏流水で、こちらは、コーヒーに適しているという話。こういうこだわりは、嬉しくなります。確かに美味しい水道水でしたし、ご飯も美味しく炊けていました。次に行く機会があったら、別の水と飲み比べてみたいと思います。

最後は、釧路湿原の釧路市釧路湿原展望台で売っていたタンチョウソフトクリーム。普通のソフトクリームですが、タンチョウヅルのイメージです。道東をうろうろしていた際には、いたるところでソフトクリームを食べました。特に、開陽台の蜂蜜をトッピングしたソフトや、シレトコのジェラート、摩周湖ソフトクリームとか、硫黄山の近くの”くりーむ童話”等、普段は食べないのについつい手を出してしまいました。どれも、大変美味しかったのですが、個人的には塩のジェラートが甘くなくてよかったかなあ。

b0153340_16153820.jpg

[PR]
# by voyage08 | 2008-09-07 17:23 | 中標津ライフ

写真・植物

中標津及びその周辺で見かけた花々等(植物に関する知識がなく、何という名前なのか、さっぱりです。)

b0153340_1118408.jpg


b0153340_11184899.jpg


b0153340_11185527.jpg


b0153340_1119425.jpg


b0153340_11191188.jpg


b0153340_11191866.jpg


b0153340_11192435.jpg


b0153340_11193188.jpg

[PR]
# by voyage08 | 2008-09-07 11:21 | 中標津ライフ